幸田クリニック

浜松市南区下江町の消化器科,内科,肛門科 幸田クリニック

〒430-0825 静岡県浜松市南区下江町448
TEL 053-426-2000

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

ここが違う!幸田クリニックの内視鏡検査

眠った状態で楽に検査がしたい

 当院では鎮静剤を使ってウトウトした状態で検査を行うことが可能です。初めての検査で不安が強い方や、前回検査でとても苦しかった方などには最適です。また、落ち着いた状態で検査をすることにより、内視鏡検査の質も格段に向上するのです。
 検査は鎮静剤を注射するための点滴を行いながら致します。検査後は目を覚ます薬を使用しますが、1~2時間はふらつきの症状が残る場合があります。
<注意点>
・呼吸機能の悪い方(肺気腫・気管支喘息の発作中)などには行うことができません。
・事故防止のため、帰院する際にお車の運転はご遠慮いただいております。当院へのアクセスは徒歩、ご家族の送迎ないしタクシー・バス等をご利用ください。

 

内視鏡専門医による安心の検査体制

当院で内視鏡検査を行うのは、院長を始め、日本消化器内視鏡学会の専門医(指導医)です。また、介助の看護師も同学会の認定技師免許を取得しております。通常の内視鏡検査から日帰り内視鏡手術(大腸ポリープ切除など)に至るまで、日々研鑽と経験を重ねております。胃カメラでは経鼻内視鏡も行っております。御希望の方は予約時にお申し出ください。
内視鏡検査では、その診断技術のみならず内視鏡の洗浄法など、その質が問われ始めています。当院ではその質にこだわって皆様に安心して検査を受けて頂けるよう努力しております。是非、専門医・認定技師がいる施設での内視鏡検査をお受けください。

 

患者様の視点に立った内視鏡室

当院では鎮静剤処置や麻酔処置などは全て準備室で行います。内視鏡室というのは、一般の患者様にとっては手術室に入るようなものです。内視鏡室に入った途端に緊張してしまい、鎮静剤も効かなくなってしまう方がよく見られます。そのため、明るく安心感のある準備室で鎮静剤や麻酔処置を行って、落ち着いたところで車椅子ごと内視鏡室に移動し検査を開始します。
特殊なベッドを使用しているので、ご自身で全く移動していただく必要がなくゆったりと検査が受けられるように工夫しております。

 

実際の画像を使ったわかりやすい説明

検査終了後に、画像ファイリングシステムにより、高画質な内視鏡画像をそのまま診察室に転送しております。それにより、検査終了後に実際の検査画像をモニターでご覧頂ながら、十分な説明が出来るようにしております。実際に画像をプリントアウトしてお持ち帰りして頂くことも可能です。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 

検査で異常のなかった方への対応

検査で異常がなくても、腹痛や便秘・下痢といった症状はあるものです。検査を受けて、異常がないと「心配いりません」と言われて、病院を後にしたことはありませんか。内視鏡検査は、潰瘍・ポリープ・がんといった器質的問題には強いのですが、胃腸の動きなど機能的な部分は観察できません。当院では内視鏡検査で異常がなくても症状がある場合には、機能的側面からの治療を行って症状の改善を図って参ります。

 

内視鏡の予約方法

電話予約 053-426-2000

予約は月・火・水・金・土の午前8時30分から11時30分まで30分刻みで可能です。1日の検査数は4名までとさせて頂いております。そのため、予約状況によってはご指定の日時が取れない場合がございます。日程に余裕を持ってご連絡ください。

また、大腸内視鏡検査の場合には、事前に前処置用下剤をお渡しする必要がありますので、予約後に一度来院して頂くことになります。予めご了承ください。